四代目徳次郎

日光国立公園メープルの森づくり

森林・山村多目的機能発揮対策事業の一環で、

数十年先を考え、メープルの森の活性化のために、

霧降高原一帯の草刈を実施しています。

日光霧降大橋から大笹牧場までの霧降高原道路は、

多くの観光客が利用するため、環境美化に取り組んでいます。樹木に覆われた森林でも、手入れがされないと、

ササ類が地表面に密生し、他の植物は育たなくなってしまいます。

林床のササの刈り払いを行うことで、多くの植物種が生育できるようになります。

道路脇の草がなくなることで、ゴミが目立つので、不法投棄の防止にもつながります。

これも、大切な山仕事!

URL :
TRACKBACK URL :

コメントはこちら

*
DigiPress
DigiPress

Return Top